不妊治療にも効果的|マカの効果がスゴイ!

看護師

骨や歯に必要な成分

赤ん坊と婦人

胎児は母体から栄養を受け取り、体を作っていきます。なので、妊婦は胎児が十分に発育できるように、バランスのいい食事を取る必要があります。カルシウムは骨や歯を形成するうえで重要な栄養素です。胎児にとってカルシウムが不足していると、妊婦は自らの骨や歯からカルシウムを胎児に与えるので、妊婦自身の骨が弱くなって骨折しやすくなってしまいます。通常の成人女性のカルシウム必要量は600mgですが、妊婦は900mgを必要とします。なので、いつもの食事に比べて意識してカルシウムを取ることが大切になります。妊娠初期はつわりが多く、食事もとれないことがあります。無理して食べることもないので、食べられる時に食べられる量の食事をします。妊娠後期になると胎児も大きくなり、必要な栄養素も増えてきます。つわりも治まっているので、しっかりとした食事をとるようにします。

カルシウムは多めにとるように心がけますが、取り過ぎは吐き気や便秘を引き起こすので、2300mg以上は取らないように注意します。カルシウムが手軽にとれるのは、牛乳やヨーグルトです。牛乳は200gでカルシウムが約220mgも取れ、さらに吸収率も約50%で、優秀なカルシウム飲料です。また、木綿豆腐やがんもどきにも多く含まれているので、食事に取り入れやすいです。煮干しにもカルシウムを多く含まれているので、おやつ感覚で口にすることができます。食事で補えるのがベストですが、体調不良などで食事が取れない時はサプリメントを服用することもおススメです。ただ、サプリメントの中には妊婦にとって悪影響をもたらすものもあるので、きちんと妊婦用のサプリメントを選びます。